人も歩けば棒に当たる!!
人は動けば、いろいろな物に出会います。出会いから生まれるいろいろなドキドキを求めて、前向きに、何事にも挑戦していこうという意思のもとに、自分のケツを叩くための日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

拍手の理由
 またまた1週間あいてしまった。
昨日の横浜戦について・・・。
たぶんこの2チームの対戦は、去年あたりからJリーグの黄金カードになりつつあると思う。サポの熱さとかだと鹿島戦の方が上かもしれないけど・・・。ただ今回は横浜の低迷、同じ日に首位攻防戦があるということで、世間の注目も、そして浦和サポの気持ちも対横浜でなく、勝ち点3を取って上を目指すという気持ちが前に行ってしまっていたと思う。
 ただ低迷しているとはいえ、去年、悔しい思いをさせられた横浜、しかも前回、あっちのホームでレッズが買っていることもあって、たぶんレッズにだけは負けられないという気持ちを持って乗り込んできたはずで、簡単に勝ち点3がゲットできる相手ではなかった。
 蓋をあけてみれば、優勝争いという意味での注目は高くなかったが、黄金カードに恥じない好ゲームを見せてくれたと思う。決して両チームともチャンスをたくさん創れたわけではないが、お互い1対1では負けないという気持ちをもった緊張感のある試合だったと思う。昔、Jリーグが出来たときVゴールまたはPKでの完全決着を採用した理由は、引き分け(特にスコアレス)では、客が満足しないからってことだったとはず。今日の試合直後、マリノスサポはすぐに拍手で選手を称えていた。レッズの場合、ゴール裏への挨拶までちょっと時間あるので、出口に向かいながらゴール裏の反応を気にしていたら、拍手をしたうえで、チャントまで歌っていた。これに関しては賛否両論があるみたいで、絶対勝ち点3が必要な試合に引き分けで拍手は温いって意見もたくさんあるみたい。自分もタイムアップ直後、ため息が出てしまったよ。でも選手は今の状態で出来ることをやっていたと思うし、とっても楽しめた90分だった。
 注目の首位攻防戦は終了間際に両チームが得点するという派手な好ゲームだったみたいだけど、スコアレスゲームながら5万近い観衆を楽しませた黄金カードに一票いれたい。たぶん両チームのサポの拍手はそういうことだと思う。
スポンサーサイト
【2005/09/26 01:10】 浦和レッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |

広島戦
 久しぶりのエントリー・・・。なにしろ先週の週末は行きたくもない社員旅行で、実質休みがなく、ホテルで後半からみた大分戦は・・・・。の内容と結果、疲れとダブルパンチでレッズ系の情報から遠ざかって(避けて??)しまっていた。
 でっ今日の広島戦。さすがに遠くて参戦計画はまったくなかったし、TV観戦すらも怪しかった。結局、とても久しぶりの家でのTV生観戦。細かいことは置いといて、両チーム気持ちの入った良い試合だったと思う。前の試合で気持ちが感じられなかっただけに、まずは合格点。
 攻撃については、良い感じで攻撃が始められれば、チャンスは作れてる。結局、良い守備は良い攻撃につながるってことかな。最近は永井のヘッドのも可能性が感じられる。練習してるのかな??あとあんま目立ってないけど
ゴールキックを競るヤマの強さも驚異的!!今日も前半の達也の2度のシュートはゴールキック→ヤマが競り勝つって流れから生まれたし、他の二人とのレギュラー争いでのアピールポイントだよ。相変わらず変なミスがあるけど、今日はクロスも3本(達也のボレー、永井とホリのヘッド)合わせてたし、他の二人もがんばらないと!!達也はキレキレだし、ポンテは今日にしても、鹿島戦にしても、あそこまで入っていくのが素晴らしい。
 守備・・・。失点が多いねぇ。今日は佐藤の動きと相手のクロスがすばらしいかったてのもあるけど、やっぱりボールもたれたとき中盤が空くのが着になる。
 まぁ昨日のガンバの負けと今日の勝ちで、またテンションあげて生きていける。来週はマリノス戦、もちろん行きます。絶対勝ちましょう!!
【2005/09/19 01:30】 浦和レッズ | TRACKBACK(1) | COMMENT(3) |

2冊目
 またまたレッズネタばっかりになりつつある今日この頃。せっかく始めて本紹介。まだ1回しかやってないで2冊目(あっこの前一度に2冊紹介したから3冊目)の紹介です。
 99%の誘拐 岡嶋二人 講談社文庫
これも本屋で平積みされてるのを買いました。サスペンス系が好きな自分は誘拐とかいう言葉に惹かれちゃいます。
 この本は東京駅から鹿島スタジアムまでバスで向かう約2時間の間にだいたい読んでしまった。430ページの大半を、酔いやすいバスで2時間ちょっとで読んだということは、楽しめて読めたということ。
 基本的に岡嶋二人という作者に対して事前の知識はなく、この作者、二人で共作ってことらしいです。二人で一つの本を書くってのはスゴイですね。もめたりしないのかな・・・。
 内容に関してはもちろん誘拐もの。でも探偵なり刑事が犯人を探すというものではなく、犯人がリアルタイムで犯行を行っている。しかもコンピューターを駆使して!!これが最近書かれたものなら、なるほど!!って感じだけど、実際、かかれたのは1989年だってことが驚愕の事実。凄すぎです。実際、この犯行が可能なのかはわからないけど、たまげました(あっ昨日TVでたまげたは感じで魂消たって書くってやってましたね)。みなさんも魂消てみてください!!
【2005/09/06 00:33】 本の話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

審判・・・。
 昨日の鹿島戦、レッズは自分を感動させてくれたから、あんまりコメントに審判のことを書かなかったけど、最近チョット酷すぎる。
 昨日もポンテへの警告あたりから??だったけど、カードがどうこうっていうより、試合を作って欲しい。後半2点リードされてる場面で、レッズの攻撃を鹿島がファールで止める→そこから早いリスタートするレッズを審判が止めてしまう。これが何回か繰り返されれば、その度、チャンスを潰されるレッズが怒るのはもちろん、鹿島がファールで止めればOKって思い、試合が動かなくなる。つまりつまんなくなってします。
 今年のはじめの大分戦でも思ったんだけど、二人退場になったレッズが、カウンター気味にエメを中心にドリブル突破で攻め込む。でもファール気味に止めてくる大分にファールを取らない・・・。大分はとっても楽になってしまう。
 どっちびいきかってこととは別の次元で試合を楽しくするためのレフリングってのはあると思うんだけど・・・。ただ現状のjリーグの主審にこれを求めるのは、無理だね。レベルが数段ちがう・・・。
 個々のレフェリーの酷さを、いちいちいってもきりがないけど、Jリーグはどう思ってるんだろう。昨日の試合のレッズの頑張りをJリーグは感謝しないといけない。スタジアムで見てたにしろ、TVで見てたにしろ、レッズの同点劇がなければ、鹿島を応援してた人以外がサッカーが面白いと思える試合ではなかったと思う。もう少し真剣に考えないとJリーグの危機になってしまう・・・。
 あと長谷部とトゥーリオ、ちょっと文句言いすぎ。気持ちはわかるけど、
怒ってイエローもらって、また怒ったらそりゃ退場になっちゃうよ。警告は警告として受け止めないと・・・。
 それと昨日の最大の疑問、鹿島のサポは何故、選手を拍手で迎えていたのだろう・・・・。意味不明です。
【2005/09/05 01:16】 浦和レッズ | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) |

プライド オブ 浦和な日
 さっき鹿島から帰ってきました。7時キックオフの試合、潮来ICまでの混雑を考えると果たして終電に間に合うのかってのが疑問でしたが、上野駅直通のバスで、宇都宮線の最終に間に合う感じでした。
 で、試合の方だけど、年に何回か味わう浦和のサポであったことを誇りに思える試合、まさにプライド オブ 浦和な日でした。試合の内容が素晴らしかった訳ではないし、審判にぶっ壊されるし、勝ちが必要だったのに、引き分けだった・・・。けど大興奮だったよ!!最後の15分!!この日もバックスタンド2階でチャントに合わせて手拍子ぐらいだった自分が、久しぶり立ち上がり、歌いました!!(自分の前の方の立っちゃえ!!って雰囲気と後ろの座れよっていう空気に戸惑いながら・・・。後ろの人、ごめんなさい)。
 試合の内容としては、なんか最近、簡単にクロスをあげられてる気がするる。今日のPKのシーンもそうだし、名古屋戦もそう思った。ラインがチョット低いのかな・・・。ここら辺は守り勝った清水との連戦の影響のような気がする。全体的に中盤へのプレスが甘い。逆にトゥーリオの退場の後は、しっかり押し上げて、坪井とかもインターセプトできる回数が増えてきてた(リスクを負ったから)。今期、ウッチーが良く見せるこのインターセプト、アルパイ兄の遺産だと思うし、去年の2ND爆走の要因だと思う。今年の開幕戦もそうだけど、この押し上げがうまく出来てると、一人少なかろうが分厚い攻撃ができる。そろそろ思い出して欲しいね。
 攻撃の方はマリッチから達也に変わって、ちょっと縦に速くなりすぎたかも、何度も中が足りてないって思ってしまった。でも遅攻のときでも、ちゃんとボールを廻して組み立てられるようになった。今日の1点目も右から左にボールを動かしアレが大外からシュートを打ったのがきっかけだし、こっちはポンテ効果かな。
 せっぱ詰まった時だけじゃなく、いつでも今日の最後の方のサッカーが出来れば、すぐに前の方が見えてくるんだけど・・・。
 でも今日の試合はホントに心が震えたよ ありがとう!!
 審判についてはまた今度・・・。今日はポジティブな気持ちのまま終わります。
[続きを読む]
【2005/09/04 02:18】 浦和レッズ | TRACKBACK(2) | COMMENT(3) |

ジェフ戦(みてません)
 昨日のジェフ戦・・・。まだ映像をまったく見ていない。こんなことはスゴイ久しぶり。今年になってはじめてかも・・・。
 ってことで試合内容については、コメントのしようがなかったりする・・。巻のシュートは手だったとか、達也が良かったとか、永井がだめだったとか、マリッチが怪我したとか、いろいろ読んだけど、まぁヒドイ試合ではなかったのかなぁって感じかな。
 一つ言える事は2点差は充分、逆転可能ってことと、凹んでる間もなく土曜日は鹿島戦だってこと。サポも選手も疲れてる。でも去年、俺らは勝利の喜びが素敵だってことも、大一番での負けがとっても悔しいってことも味わってる。まだ先は長いけど素敵な喜びにに向けて、大事な一戦!!がんばろ!!
【2005/09/01 22:24】 浦和レッズ | TRACKBACK(2) | COMMENT(3) |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。