人も歩けば棒に当たる!!
人は動けば、いろいろな物に出会います。出会いから生まれるいろいろなドキドキを求めて、前向きに、何事にも挑戦していこうという意思のもとに、自分のケツを叩くための日記です。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

審判・・・。
 昨日の鹿島戦、レッズは自分を感動させてくれたから、あんまりコメントに審判のことを書かなかったけど、最近チョット酷すぎる。
 昨日もポンテへの警告あたりから??だったけど、カードがどうこうっていうより、試合を作って欲しい。後半2点リードされてる場面で、レッズの攻撃を鹿島がファールで止める→そこから早いリスタートするレッズを審判が止めてしまう。これが何回か繰り返されれば、その度、チャンスを潰されるレッズが怒るのはもちろん、鹿島がファールで止めればOKって思い、試合が動かなくなる。つまりつまんなくなってします。
 今年のはじめの大分戦でも思ったんだけど、二人退場になったレッズが、カウンター気味にエメを中心にドリブル突破で攻め込む。でもファール気味に止めてくる大分にファールを取らない・・・。大分はとっても楽になってしまう。
 どっちびいきかってこととは別の次元で試合を楽しくするためのレフリングってのはあると思うんだけど・・・。ただ現状のjリーグの主審にこれを求めるのは、無理だね。レベルが数段ちがう・・・。
 個々のレフェリーの酷さを、いちいちいってもきりがないけど、Jリーグはどう思ってるんだろう。昨日の試合のレッズの頑張りをJリーグは感謝しないといけない。スタジアムで見てたにしろ、TVで見てたにしろ、レッズの同点劇がなければ、鹿島を応援してた人以外がサッカーが面白いと思える試合ではなかったと思う。もう少し真剣に考えないとJリーグの危機になってしまう・・・。
 あと長谷部とトゥーリオ、ちょっと文句言いすぎ。気持ちはわかるけど、
怒ってイエローもらって、また怒ったらそりゃ退場になっちゃうよ。警告は警告として受け止めないと・・・。
 それと昨日の最大の疑問、鹿島のサポは何故、選手を拍手で迎えていたのだろう・・・・。意味不明です。
スポンサーサイト

【2005/09/05 01:16】 浦和レッズ | TRACKBACK(1) | COMMENT(1) |

この記事に対するコメント
鹿サポは拍手で迎えてたんですか??
かなり謎・・・あんな試合を見せられてよく拍手できたもんですね。去年の本田との激闘で我慢することを覚えたのかな?
【2005/09/05 23:08】 URL | あつたろう #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://2310.blog10.fc2.com/tb.php/40-70179e69

鹿島vs浦和 試合詳細・参戦記

鹿島vs浦和 19:00 カシマスタジアム いよいよ決戦の日が来た。自宅を9:30に出発し、車に乗り込み鹿島に向った。10:15に春日部駅で仲間を拾い、16号に戻った sattiのサッカー・スポーツ総合コラム【2005/09/05 01:54】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。